歴代の姫路藩主が崇敬した神域

歴代の姫路藩主が崇敬した神域

イベント/鹿嶋神社

2017.11.15 Wed

聖武天皇の勅願によって、播磨の国・国分寺の東院として大日寺が建立された際、その鎮護の神として奉祀されました。 「霊験あらかた」として、元禄元年(1688)には姫路藩主・本多忠国公から境内地として五十間四面の地を献ぜられるなど、歴代藩主から篤い崇敬が寄せられました。

鹿嶋神社

住所 高砂市阿弥陀町地徳279

電話 079-447-4676

営業